勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

株初心者がはじめに知っておきたい株の買い方・売り方

株式投資の醍醐味は、株を買う、売るというアクションです。この2つのアクションが、利益を生み出すには欠かせません。しかし、初心者が口座を開設し、投資を始めてくださいと言われても、よくわからずゲーム感覚で進めてしまうことがあります。何も考えずに適当に初めてしまうと、損得関係なしに株式投資がギャンブの延長線上にあるものへと変化してしまうのです。では、どうすれば良いのでしょうか。それには、買い方、売り方の基礎知識を学んでおく必要があります。今回は、株の買い方、売り方を中心に解説していきましょう。

株式投資の心得

具体的な基礎を学ぶために、株式投資に必要な心得をおさらいしましょう。既に知っている人もいるかもしれませんが、大切なことなので記載します。初心者の方は、ぜひこれらの項目を参考にしてください。

株式投資に正解はない。

株式投資には、正解はありません。自分の買い方、売り方が本当にベストだったか分からないものです。人それぞれ見解が異なります。そのため、人の意見は参考程度です。大切なのは、取引後に自分が正解だったかどうかを判断することです。

焦らない

株式投資は、日々状況が変化していきます。利益を多く出す時もあれば、大きな損失を生んでしまうことがあります。お小遣い程度の額で行う取引であれば、そこまで損失や利益に対して強い感情はありませんが、大きな額を投資すると、株価が変動するだけで、利益や損失に大きく影響するので、気持ちが焦ることがあるでしょう。 しかし、ここで焦ってはいけません。焦りは、よくない結果しか招きません。

そのため、焦らず冷静な視点から投資することが出来るように、気持ちを落ち着かせましょう。決して焦ってはいけません。

フィードバックをする

株式投資は、売買を行ったら次の取引へと移ります。終わりがありません。その中で、1つ1つの取引についてフィードバックをする必要があります。どんなタイミングで取引をしたのか。そして、どんな考えをしたから、利益・損失を生む結果になったのかを常に振り返る必要があります。

これは、スポーツや勉強と同じです。振り返りが大切です。

取引をするだけでなく、初めの頃は必ず1つ1つの取引においての振り返りをするようにしましょう。そうすることで、株式投資のやり方が確かなものへと変化していきます。それでは、取引に必要な最低限の知識を学んでいきましょう。

株式取引の最低限知っておくこと

店舗型の対面取引にしろ、ネット取引にしろ、株の買い方・売り方は少し複雑です。ネット注文の場合、あわてて入力してしまい、思わぬミスをしてしまうかもしれません。株の買い注文、売り注文のやり方について事前に理解しておきましょう。買い注文の際、事前に決めておくべき4つの事柄があります。

証券コード(銘柄コード)

買いたい銘柄を指定します。似た名前の銘柄がある場合、間違えないように注意しましょう。あらかじめ、上場銘柄に割り振られている固有の番号「証券コード」を確認しておくと、間違える心配がありません。買う銘柄は、その人の好みです。しかし、わからなければ、インターネットで調べるのも良いでしょう。各インターネット証券会社が、おすすめの銘柄を紹介しています。また、同業者の銘柄では、ランキングも発表されているので、比較をしながら買う銘柄を決めるのも良いでしょう。

株数

株には、それぞれ売買単位があります。100株単位か1000株単位か、あるいは1株単位なのか、会社によって異なるので、確認しましょう。もし100株単位なら、買いたい数量は100、200、300……と入力します。301、とはできません。原則として、最低取引単位の倍数しか買うことができません。売買単位が大きくなればなるほど、利益は大きくなります。しかし、損失が生じた際も、それ相応の損になってしまうので、ほどよい加減を設定することが大切です。

成行注文か指値注文か

成行とは「いくらでもいいから買う」、指値は「○○円(以下)で買う」という注文方法です。証券取引所では、成行注文が優先されます。ただ、株価が大きく変動している時に買ってしまうと、予想外に高い値段になってしまうこともあります。指値注文は自分で値段を決められますが、その値段で売ってくれる人が現れないと、いつまで経っても買えないことがあります。どの注文方法が最適であるかは、その人次第です。成功注文は、いつでも取引が行えます。株価の予測や、損失を防ぐためにも、数値/逆数値注文をすることも考えておきましょう。

注文の有効期限

指値で注文する場合、「当日」「明日まで」「今週いっぱい」など期間の指定ができます。

これらの事項を決めて注文すれば、株を買うことができます。ちなみに、ネット証券で株を買う場合は前受け制といい、あらかじめ証券口座に資金を入れておく必要があります。入金額の範囲でしか買えないため、資金が足りないと発注ができません。

一方、株を売る時も、基本的な手順は買う時とほぼ同じです。

売り注文を出す時にも、指値注文と成行注文の2つがあります。どうしても売買を成立させたい場合は成行注文、売買金額にこだわりがある場合は指値注文が適します。

基礎を学んだところで、株式投資での基礎テクニックです。

株式投資の基礎テクニック


1.投資の基本は順張り。

多くの株式投資では、上昇相場に乗って儲けることが定石手段と言われています。具体的に説明すると、購入当時の株価が100円で、売る時が150円。この株は、上昇相場の株を購入したということになりますです。順張りの基本は、右肩上がりのグラフに株価がなることです。しかし、この予測をするのが腕の見せ所です。売る時は150円ですが、その後200円になる可能性もあります。この時は、損をしてしまった。と感じるかもしれません。しかし、150円から下がっていき80円になってしまうこともあります。この変動を予測することが大切なので、売るタイミングがポイントとなります。

2.銘柄は複数に絞る

株式投資は、リスクを背負って取引をすることになります。そのため、リスクをいかに小さくするかという努力も必要です。その時にポイントになるのが、複数の銘柄を購入しておくということです。1つの銘柄のみに絞ると利益が出た時は、大きな利益を生むことができますが、損失が出たときは全てを背負う形になります。そのリスクを回避するため、銘柄をいくつか買っておくと回避できます。1つの株が下落しても、良い株を持って入ればカバーすることが出来るからです。

3.取引時期を同じにするのではなく変える

取引を同じ時期にするのでなく、別々の時期にすることも大切です。同じ時期に投資をすると、複数の銘柄を持っていても同じように株価が下落する可能性もあります。そのため、取引をする時期を変えて取引を行うことも大切です。大切なことは、リスクを回避する手段を作るということです。株では、常に損失のリスクがつきまとってくるので、リスク回避術を編み出しておきましょう。

4.PERで買うべき銘柄を比較する

銘柄を選ぶ基準の1つで、PERという指標があります。これは、株価÷1株あたりの当期純利益で数値を算出することができます。この数値は何に役立つのでしょうか。それは、割安の銘柄を見つける際に役立てるのです。同業種の株価で、この計算をします。そこから最も低い数値のところは、割安の株なのです。そこから、上昇する傾向にあるかを予測して購入を検討することができます。よく分からない人でも、このPERを活用するようにしましょう。

5.とりあえず行動しよう。

株は、常に変動するものです。買い時、売り時は状況によって刻一刻と変化していきます。ここで大切なのは、「とりあえず買ってみよう」という気持ちです。この気持ちなければ、買ったり売ったりして利益を生み出すことは不可能です。株式投資は、トライ・アンド・エラーの繰り返しで投資の質を高めていくことができます。まずは、実績を増やすためにも、迷ったら買ってみる。迷ったら、売ってみるというアクションも大切です。

まとめ

いかがでしたか。株式投資における、買い方売り方の基礎的な部分を簡単に紹介しました。初心者の人がやるべきことは、まずは、少額で株式投資に慣れるということです。最初から大きな利益を生み出すのでなく、少額投資から始まりコツコツ実績を作っていけば良いのです。ぜひ、ここで学んだ基礎知識を活かして取引をしてみてくださいね。

PAGE TOP