勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

株の学校123

ここでは、株の学校123の特徴について紹介しています。

実践的な授業内容

株の学校123は、「損失を抑え、利益を出すトレードテクニック」など、より実戦的な株取引をレクチャーする株に特化した専門スクールです。

まずは体験セミナーから

ある程度、株の知識がある人向けの体験セミナーのほかに、超初心者向けに入門セミナーも教室ごとに行っているので、まったくの初心者も心配はありません。初心者だけでなく、他のスクールに通っても結果が出せなかった個人投資家が多く通っている学校です。体験セミナー後の勧誘行為がないのも特徴。拍子抜けするほど、強引な勧誘行為や申込みへの誘導がなく、安心して体験セミナーに参加できます。また、体験セミナーの中には無料キャンペーン中のセミナーも行っているので、気軽に受けられるのも魅力です。

株取引をビジネスとして成立させることを本気で考えているスクールで、大きく派手に儲けようというのではなく、着実に利益を出すためのノウハウを徹底的に教えてくれます。不確実性の高い長期投資を辞め、独自の方法で短期投資を繰り返すのが特徴で、チャートの読解にもっとも力を入れています。

最大の強みは、講師とフォロー体制

株の学校123では、「株式投資以外にはやらない」「保有技術のない講座はやらない」「日本一のトレード技術以外は目指さない」というのがスクールポリシーです。

講師全員が現役トレーダー

講師は全員がこの学校の出身者で、全員が現役トレーダー。過去に大きな利益を出したことがある、大手証券会社のトレーダーだった…なども素晴らしい経歴ですが、現在進行形で株取引をしている「現役」のトレーダーが講師というのは、かなりの高ポイントだと思います。生徒と同じ目線で株をとらえ、泥臭く、非情に実践的に教えてくれます。PCを使って生徒の目の前でデイトレードも実戦してくれるので、インターネット取引のしくみもより理解できるでしょう。

体験セミナー(無料キャンペーン中)に出席した人たちが勧誘もないのにかなりの確率で本契約をしているのは、講師陣の質の高さも理由になっていると思います。また、メンタル面の指導も行っています。

質問を無制限で受付!

セミナーのコースはベーシックコース、マスターコース、デイトレードコースの3つですが、どのコースも無制限で質問できるシステムなので、インターネットで授業内容についても何でも質問できるほか、銘柄についてもプロの現役トレーダーに尋ねることができます。

1,000円で更新できる再受講制度

3ヶ月のコースが終了した後でも1,000円で更新できる再受講制度があり、コースを1年間の延長することが可能。最低でも12回の授業を受けることができます。この間、質問にも無制限に対応してくれます。

法的に認められている「助言行為」

このスクールは金融商品取引業者(投資助言・代理業者)に登録しています。登録することで助言行為が出来るので、直近の相場に対して何でもアドバイスが受けられます。「直近の銘柄の売り買いの助言が出来る」「受講生が現在持っている銘柄に対してアドバイスができる」「売り買いのアドバイスができる」のは大きなメリット。登録業者でない場合は、受講生に対して、売り買いのアドバイスや直近の銘柄に対して助言した場合は法令違反となるので、具体的なアドバイスは受けられないのです。

株の学校123
運営元 株式会社日本投資技術協会East
教室所在地 東京(新宿・銀座・渋谷)、横浜、名古屋、札幌ほか
セミナー(価格) ベーシックコース 3ヶ月間全5回+個別コンサルティング1回 合計:157,500円
※その後1年間は1,000円で最低12回再受講可能
マスターコース 3ヶ月間全6回 合計:682,500円
※その後1年間は1,000円で最低12回再受講可能
デイトレードセミナー 1ヶ月全2日間 合計:210,000円
※その後1年間は1,000円で最低12回再受講可能

株式投資のスクール比較ランキングをチェック!