勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

個人投資家になるための超基礎講座

株はギャンブルではありません。ビジネスとして成り立つものです。怖いものでもなければ、ビクビクしながら付き合うものではありません。株は面白く、興味深いもの。そして、利益を生み出し、人生を豊かにしてくれるものなのです。

しかし、株式投資は、自己流では成功しません。失敗してしまう場合は、自己流の投資を繰り返している可能性があります。株式投資で成功するには、まず株の基礎知識を正しく知ること。そして、正しいノウハウを学んだら、あとはルール通りに運用することが大切です。

ここでは、個人投資家になるために最低限必要な知識を紹介しています。株とは何か、市場のしくみとは何か、初歩的なところから正しく理解していきましょう。そして、株式投資を始める上で必要となるもの、必要な資金についても知ることが大切です。

また、本業と株トレードを両立させるコツ、株式投資を続ける上でのメンタルの持ち方についてもご紹介しています。加えて、インターネットでの取引が支持を集める中で注目を浴びている短期でトレードするデイトレードのシステムについても、そのメリットを解説していますので、参考にしてみてください。

株はギャンブルではない

株式投資について「株は怖い」「株だけには手を出すな」という言葉をしばしば耳目にすることがあります。実際に手痛い失敗をしたことがある人からの言葉かもしれません。しかし、損をした人は、損をしてしまうような取引をしたから、株は「ギャンブル」だと言い切るのです。株式投資はやり方さえ理解すればビジネスになりえます。

ビジネスとして見る株式投資について詳しくみる>>

ゆとりある資金で始めよう

株はリスクとリターンでセットです。資金が増えることもあれば減ることもあります。そのため、生活に必要なお金や、先々で使う予定があるお金は使わないことが肝心です。株式投資に回すのは、万が一失っても影響のない余裕資金にしましょう。

株の資金についてを詳しくみる>>

株式市場のしくみを知ろう

そもそも、どうして株式投資をしたらお金が増える(あるいは減る)のでしょう。株式市場のしくみを知ることが、正しい投資の第一歩になります。株式市場のしくみについて説明します。

株の取引所としくみを詳しくみる>>

株取引の方法を学ぼう

株取引をするにはまず準備が必要です。証券会社の選び方や口座開設、銘柄の選び方、そして現在は主にインターネット上での取引が主流であるため、ネット環境の準備が必要な場合もあります。

株の取引方法や選び方を詳しくみる>>

仕事と両立させる方法

株式投資を副業としている人はたくさんいます。本業のおかげで金銭面のストレスがない分、余裕を持って行うことができます。

副業として株式投資をするための方法を詳しくみる>>

株で生活するための資金は?

世の中には「株式投資の利益だけで生活」する人がいます。これは株取引がビジネスとして成り立つ証拠です。ビジネスとして株取引をする場合、資本金はどれくらい必要なのか説明します。

株で生活するには?ポイントを詳しくみる>>

デイトレードとは

株式投資には、大きく分けて短期投資と長期投資の2種類があります。短期投資の中では、デイトレード(デイトレ)といい、短い間に何度も売り買いする取引方法もあります。デイトレによるメリットデメリットを紹介します。

デイトレードについて詳しくみる>>

トレードの基本サイクル

株の売買「トレード」には様々な手法が紹介されています。しかし、基本的な部分は単純明快な規則しかありません。「安い時に買って高い時に売る」です。

株式トレードの基本を詳しくみる>>

エントリーのタイミング

「エントリー」とは株の売買のこと。相場の世界では、株の銘柄よりも、売買のタイミングの方がずっと大切だとされています。エントリーのタイミングに関する手法も様々であり、これが株取引の醍醐味といっても過言ではありません。

株を買うタイミングを詳しくみる>>

チャートの読み方

株取引をするならぜひ知っておきたいのがチャートの読み方です。これは株価の動きを表したもので、値動きを予想するのにとても役立ちます。チャートの読み方次第で結果が変わることもあるので、基本を理解しておきたいところです。

株のチャートの読み方を詳しくみる>>

NISAの賢い使い方

NISAとは「少額投資非課税制度」の愛称です。上手に活用すれば節税効果が期待できます。ただし、様々な条件や制約、デメリットもあるため、利用は自分の投資スタイルと合わせて考えましょう。

株初心者が知っておくべきNISAについて詳しくみる>>

投資に関する用語集

投資、相場に関係する専門用語の一部を解説しています。用語を知るだけで理解度はぐっと深まります。参考にしてみてください。

個人投資家向けの用語集を詳しくみる>>

PAGE TOP