勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

チャートの読み方

銘柄選びやエントリーのタイミングで重要視されるのがチャートです。チャートとは、株価がどのように上下しているのか表したグラフで、トレードする際にとても重宝します。株価の動きをチャートでチェックすれば、今買うと割高なのか割安なのか見当をつけられます。

株価は一日でも大きく上下します。そこで、一日の動きを示す「四本値」というものがあります。その日最初の株価を表す「始値」、その日最後の株価「終値」、一番高かった「高値」、一番低かった「安値」、これらを合わせて四本値です。一日の株価の動きだけでなく、一週間や一ヵ月間など一定期間の株価の変化についても四本値で表すことができます。

2種類のチャート

チャートには2種類あります。

ひとつめは折れ線チャートです。株価(終値)の動きをそのままつないだグラフで、過去の株価の動きを知ることができます。しかし、このチャートでは始値や高値、安値はわかりません。

もうひとつがローソク足チャートです。これは値動きの幅がわかるもので、慣れてくると折れ線チャートよりも便利です。

ローソク足について

一日の株価の動きを示したものが「日足」、一週間の動きを示すものが「週足」、一ヵ月の動きを示すものが「月足」と呼ばれます。

日足の場合、その日の始値より終値が値上がりしたら白(または赤)、値下がりしたら黒で表します。この白いローソクを陽線、黒いローソクを陰線といいます。

そして、上に伸びているヒゲは高値、下に伸びたヒゲは安値を示します。このように、四本値がひとつの図形に描かれているのです。

陽線が長ければその日は大きく値上がりし、陰線が長ければ大きく値下がりしたことを示します。長い上ヒゲはその日のうちに大きく値上がりしてから下がり、長い下ヒゲは大きく値下がりしてから上がったことを表します。ローソクやヒゲが長いほど、値動きが大きいということです。

ローソク足のチャートには様々な見方があります。例えば、白いローソク足が日が経つにつれだんだん短くなり、やがて始値と終値の差がなくなると潰れて十字になることがあります。これは株価が下がり始めている目安で、「宵の明星」とも呼ばれています。また、黒いローソクが潰れて十字になると、今度は上がり始める目安の「明けの明星」となります。

その他にも、短期の日足や長期の月足など、その連なりから相場の勢いや方向性を探ることが可能です。これらの組み合わせで分析をする手法も存在します。

PAGE TOP