勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

デイトレードとは

ここでは、インターネットの株取引で注目されているデイトレードのメリットとデメリットについて紹介いたします。

デイトレードのメリット

株式投資には、大きく分けて短期投資と長期投資の2種類があります。短期投資の中では、デイトレード(デイトレ)といってその日のうちに銘柄の売買をするものがあります。

デイトレードは人気の高い投資方法の一つです。うまく運用すれば短期間に利益を得られるのはもちろんですが、支持される大きな理由は、「社会状況の影響を受けにくい」ことにあると思います。例えば、テロや戦争など世界情勢の変化は株価に大きな影響を与えますが、短期に売買するデイトレードは、こういった影響を受けにくいのです。海外の大きな市場の影響も受けにくいといえるでしょう。

また、長期の展望を考えなくても、数分後、数十分後の値動きを予想すればいいことから、予想をしやすいことも大きな魅力の一つだといえます。初心者にとっては、かえって馴染みやすい方法かもしれません。

デイトレードのデメリット

ただし、メリットがある物事には、デメリットがつきものです。デイトレにもデメリットはいくつかあります。短期に利益を生み出すことが可能ということは、短期に損をしてしまう可能性もあるのです。

また、素早い判断力が必要となるので、株のことをある程度は理解している必要があります。センスや才能が必要だという人もいます。加えて、結果が早く出ることから、人によってはギャンブル性を感じてしまうこともあるようです。

現役デイトレーダーのテクニックを学べ

メリット・デメリットはありますが、短時間で済ませられる株取引であるデイトレードは、やはり魅力も大きいもの。必要なのはPCひとつです(ただし、短時間で取引をするデイトレだけに、処理能力の高いPCである必要があります)。株を始めるなら、ぜひともチャレンジしてほしい方法の一つです。

ただし、数秒から数分で完結させる取引もあり、テクニックやセンスも必要となるかもしれません。デイトレーダーが目の前で見本を見せてくれれば、かなりのコツをつかむことができるかもしれません。現役のデイトレーダーがいるスクールは、「株の学校123」です。目の前で取り引きのテクニックを見せてくれるそうなので、デイトレードに感心がある人にとっては、強い味方になりそうです。