勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

株はギャンブルではない

「株は怖い」「株だけには手を出すな」――こんなイメージを持っている人は多いと思います。とくにバブル崩壊を経験している世代の方は、株で大きく損をした人が身近にいたかもしれません。

しかし、損をしてしまった人は、「買い方に問題があった」のです。証券会社の担当者の言葉に左右されたり、利益を得たことで有頂天になってしまって売り時を逃したり…。景気がいい時にはとくに見失いがちですが、理論や知識に基づかずに直感や不確かな情報に左右されて行う株のトレードは、ギャンブルになってしまいます。

株式投資はビジネスとして成り立つ

株はギャンブルではありません。世界中に株投資で利益を生み出している企業がたくさんあることが、株はビジネスとして成立することを物語っています。株トレードを生業としている企業は、利益を生み出し続けて会社を存続させています。つまり個人投資家も、ビジネスとして利益を生み出し続けることが可能なのです。

新しい事業に着手したり、新製品を開発した企業の株価は、きっと上がるに違いない。そんな印象を持っている人は多いと思います。しかし実際には、上がるのは一瞬で、すぐに下がってしまうケースもよくあります。一般の人に知れわたるニュースになる時点で、実はその情報は古い情報なのです。機関投資家と個人投資家の間には、大きな情報のタイムラグがあります。こういった情報に飛びついてしまうことが、株をギャンブルにさせている一因でもあるのです。

ビジネスとして株を捉えるためには、売り時と買い時を正しく知ることが必要で、ニュースや情報に振り回されてはいけません。正しいトレードさえできれば、株は決して怖いものではありません。正しいノウハウを知って、その上で銘柄を選び、しっかりと利益を残すことができます。

株仲間と銘柄選びについて熱く語ったり、頭脳を使ったゲーム感覚でトレードをすることもできる、面白さが詰まったビジネスなのです。

PAGE TOP