勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

仕事と両立させる方法

ここでは、株を副業として本業と両立させるためのコツについて紹介しています。

株は副業として最適

「株はビジネスとして成立する」ものです。それは、株投資を生業として利益を生み続けている企業があることから実証されています。

しかし、そういった機関投資家と違い、個人投資家が株をビジネスにする場合は、まずは株を副業として考えてみましょう。株は、好きな時間に本業の合間を縫って取り組むことのできる副業に最適なのです。本業があることでメンタル的にも余裕が生まれます。

初心者はとくに、余裕のある「損をしても痛くないお金」で、余裕のあるライフスタイルの中で株にとりくんでみましょう。

景気の動向が不安定で、資源の少ない日本に済むからこそ、副業を持つことはこれからのスタイルになっていくかもしれません。現状の年金システムなどもいつ変わるかわからない世の中ですし、貯蓄しても銀行の利回りがこんな状況ですから。

本業中に最適な自動取引

一刻一刻と変化する株価を、PCで1日中眺めてトレードする。本業がある場合、こういう方法を取れれば、それが一番いいのかもしれません。

しかし株取引できるのは平日のみで、その時間は午前は9:00〜11:00まで、午後は12:30〜15:00までと短時間です。リアルタイムで株式の動向を観察するのが難しい人は多いですよね。

そんな人に便利なのがインターネットで行う逆指注文です。幾らになったら買う、幾らになったら売るという注文を市場が閉まっている時間でもPCから指示しておくのです。

そして、翌日に携帯やPCでチェックします。この方法は、副業として株トレードを行っている多くの人に支持されています。