勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

株取引の方法を学ぼう

株を買うためには、まず証券会社を決める必要があります。次に、その証券会社の口座を用意します。口座にはもちろん、資金や証券会社に支払う手数料を入れておきます。もしインターネットで取引するオンライントレードを利用する場合は、ネット銀行に口座を開く必要もあります。これでトレードの準備は完了です。

証券会社を選ぶポイント

証券会社を選ぶ際にも迷うかもしれませんが、取引の際に発生する手数料を比較して決めてもいいかもしれません。

デイトレードの場合は、手数料が安いクリック証券がおすすめです。デイトレード以外の取引の場合は、SBI証券を推薦します。手数料も安く、また逆指値注文(価格を指定し、その価格よりも株価が高くなったら買い、安くなったら売れる注文方法)ができるからです。

銘柄の選び方

さて、肝心の銘柄選びですが、これがもっとも難しいかもしれません。

気になった銘柄があったら、すぐに購入するのではなく、しっかりと動きを観察する必要があります。その株のチャートを読んで分析するのです。チャートには株式売買に必要な情報がすべて織り込まれているといっても過言ではありません。チャートをしっかりと読めるようになるかどうかが株をビジネスにできるかできないかの分かれ道です。

ただし、自己流では、なかなか分析できるようにはならないかもしれません。株のスクールが多くの人に支持されているのは、こうしたノウハウをしっかり学べるから。初心者はとくに、まずはスクールやセミナーで基礎を学んだ方がベターです。

インターネット取引の方法

ネットでの株トレードは、この10年で著しく普及しました。手数料が安く、またリアルタイムで情報を得ることができるメリットがあります。

トレードの方法はいたって簡単です。ネット証券のHPにログインし、銘柄の売買を決めたら売買単位を決め、銘柄のコードを確認します。その際、指値と成行のどちらかを選びます。指値は「いくらになったら売買したい」と自分で価格を決めるトレード。成行は、銘柄と株の売買単位だけを指定して行うトレードです。

また、逆指や寄成、引成、不成など、注文方法はさまざま。こういった専門用語を理解し、それぞれのメリットとデメリットを把握するのは、最初のうちは難しいかもしれません。スクールやセミナーでしっかりと把握することをおすすめします。

>>株式投資スクール比較ランキングを見てみる
 

PAGE TOP