勝ち組個人投資家になるための失敗しないスクールの選び方

儲かる個人投資家になるには

ただの個人投資家になりたければ、証券口座に口座を作って、入金し、株を売買すれば、立派な「個人投資家」です。しかし「成功する個人投資家」になるなら話は別です。

この「成功」というのは人によって様々です。月々のお小遣いを増やす程度なのか、100万円から1億円にすることなのか、株式投資一本で生活できるくらいコンスタントに利益を出しつづけていくことなのか……。

現在の仕事と両立して投資をするのか、それとも一念発起、会社を辞めて一日中投資に時間を注ぐのか、投資のスタイルも人それぞれ。資金力や目的も異なり、年齢や立場、性格や適性も異なります。

それでも、株式投資で大失敗を防ぎ、成果を上げるための一定のノウハウは必要です。ここでは、個人投資家として活動するなら、外せないルール、ノウハウを説明します。

投資の目的を明確にする

そもそも、なぜ株式を購入しようと考えているのでしょうか。株式を売買しキャピタルゲインを得るため?株の配当や、株主優待を得るため?その会社を応援するため?

もし株で利益を上げるため、株のトレードを自分のビジネスにしたいということなら、「月に幾らの利益を出す」という具体的な数値目標を設定することをおすすめします。

個人投資家の目的・目標について詳しくみる>>

ブレないメンタルを持ち続ける

株式投資は、基本的に「安い時に買い、高い時に売る」というルールを守れば、利益を出すことができます。しかし、ほとんどの個人投資家が収益をマイナスにしているのはどういうことでしょう。テクニック以上に取引を左右するのは、個人のメンタルなのです。

株式投資に必要なメンタルについて詳しくみる>>

稼いでいる人の真似をする

本当に稼げる投資家になるためには、ただ独学でやみくもに取引を重ねても上手くいきません。投資に限らず、物事を上達する近道として、上手な人の真似をしたり、その人から直に教わることが挙げられます。副業的に個人投資家として成功したいなら、同じ道を歩んでいる人に教わってみると、新しい視点や考えが持てるかもしれません。

株初心者が真似すべきポイントについて詳しくみる>>

損失を最小限に抑える

株というのは元本保証がなく、投資額がそのまま元に戻るとは限りません。国内外で株価の大暴落が発生すれば、持っていた株が二束三文になる可能性もあります。しかし、成功している個人投資家は、そういったリスク対策をしっかり行い、いざという時に備えています。

株式投資におけるの資金管理などリスクを抑えるポイントを詳しくみる>>

失敗するのはこんな人

株で成功する人がいる一方、株で失敗して大借金、お先真っ暗……という体験談を、誰でも一度は耳にしたり目にしたことがあるでしょう。また、将来を悲観するほどの大負債とはいかなくとも、利益をマイナスにしてしまう人は一定数います。彼らに共通するものとは何か説明します。

個人投資家の失敗パターンを詳しくみる>>

PAGE TOP